消えゆくツバメを守る

我が家にツバメが訪れて11年、

今年もやって来てくれました~




多くの野鳥は、天敵や人目につかない場所に巣を作ります。

それに対し、ツバメは人家の軒下や商店街、駅の改札口など

人の目に触れるところばかり。


ヘビやカラスから逃れるためです。



ツバメは農作物に害を与える虫を食べてくれることもあって

昔から私たちはツバメを大切にしてきました。

安産や子育てのシンボルでもあります。


そのツバメの数が減ってきているそうです。

田んぼや畑が減り、餌となる虫がいなくなったことも原因の一つです。


ツバメに限らず

多くの生き物が絶滅の危機にさらされています。

わたしたち人が引き起こしている場合がほとんどではないでしょうか?


私たちにとっても

生き物にとっても住みよい環境

を作っていきたいですね。



来年もツバメが訪れますように~

英語教室、学習塾のACT

「英語を楽しく学びたい」「5教科の成績を上げたい」          2才~高校生のためのスクールです。大和市桜ヶ丘、高座渋谷 オンライン授業実施中